fc2ブログ
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
お越しの皆さまへ

ツレツマ

Author:ツレツマ
皆さまお越しいただきありがとうございます。夫(ツレ)が肝臓がんになりました。肝臓がんと肝硬変治療に関してとB型肝炎訴訟のことなどを記しています。(2012/1/27)

ツレツマこと、私も、乳がんになってしまいました。乳がん治療の記録も合わせて綴ってゆきます。(2016/2/4)

個人的に勉強したことも書き留めてゆきますが、専門家ではなく素人ですので情報には誤りがあるかもしれません。その点よろしくお願いします。写真は愛犬のアリスです。

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

勉強させていただいているサイト

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

おすすめ商品

テセントリクとアバスチンの併用療法についての説明と同意

2021.10.07 17:24|テセントリク、アバスチン
ツレ 10月4日入院 6日退院
副作用、全くなしで、普通に元気です

病院で受けた説明で
テセントリクとアバスチンの併用療法についての復習をしておきます


1,内容

・テセントリク(アテゾリズマブ)は、免疫チェックポイント阻害剤である
免疫細胞の働きにブレーキをかけるガン細胞の働きを阻害することで
免疫細胞の働きを活性化することでガンを抑制する

・アバスチン(ベマシズマブ)は分子標的薬である
ガン細胞が増殖、転移のために新しい血管を作る(血管新生)を阻害、ガンの成長を抑制する

2,方法

テセントリク&アバスチンを3週間毎に点滴て投与する
1日目に投与し、2~21目は休薬するという、3週間のサイクルを繰り返す
副作用がみられた場合は、治療のスケジュールを変更することもある

・テセントリク
1回目の点滴は60分間かけて行われ
その際に特に副作用がみられなければ
2回目以降の点滴は30分間で行うことができる

・アバスチン
1回目の点滴は90分間かけて行われ
その際に特に副作用がみられなければ
2回目の点滴は60分間で行うことができる
その際も特に副作用がみられなければ
3回目以降の点滴は30分間で行うことができる


3,必要性

肝細胞がんは未治療の場合、徐々に増大して数も増え
肝臓内や肝臓以外の臓器に転移してゆく
テセントリクとアバスチンの併用療法は、臨床試験において
ソラフェニブ(分子標的薬)を投与した症例と比較し
有意に生存率の改善を認め、効果があることが証明されている


4,危険性、合併症

下記のような副作用が出現している

高血圧(23.7 %) 蛋白尿(18.8 %) 疲労(15.2%)
肝機能異常(AST増加 14.0%  ALT増加 10.3%)
そう痒症(13.1%) 注入に伴う反応(10.9%)
下痢(10.3%) 食欲減退(10.0%)
発疹、悪心、発熱、脱毛、などなど

(多岐にわたるので記述を省略します😝)

副作用が重篤な場合は休薬や減量が必要となる
症状に応じて副作用に対する治療も行うことがある
重篤な合併症によって死亡に至る可能性もある


5,他の方法
・肝動脈化学塞栓療法
・肝動注化学療法
・放射線治療
・テセントリクとアバスチンの併用療法以外の分子標的薬の併用
・緩和治療

6,同意の自由
テセントリクとアバスチンの併用療法を受けるかどうかは本人の自由
説明を受けて治療を希望しない場合は断っても可
その場合も、万全を尽くして診療にあたる
同意したあとでも、いつでも撤回することもできる

医師の指示に基づいて、がん専門知識を有する薬剤師看護士がが医療チームに参加し
抗がん剤の治療計画と副作用の説明、体調管理と心のケアを行う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上のようなことでした
ご参考までに・・




にほんブログ村 病気ブログへ  web拍手 by FC2

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

タグ:テセントリク アバスチン

テセントリクとアバスチンの併用療法にむけて

2021.09.13 21:40|2021年

2021年9月9日
テセントリクとアバスチンの併用療法を受けるに当たっての診断

まずは、8月26日のCT検査の結果を確認

《 上腹部 単純+造影CT検査 》
目的:
7月26日に行ったTACEの効果判定
所見:
背景は肝硬変である
肝S4 S5 HCCに呈してTACEが行われている
リピオドール集積なし、早期濃染を認め明らかなwashoutは指摘できない
S4 S5、ほか、明らかなHCCはない
S5は、病巣は前回より明瞭化している
肝両葉にRFA後変化を認め、一部焼灼野は縮小している
肝S6の肝内胆管拡張を認める
胆石、右腎嚢胞、結腸憩室に変化なし
撮像範囲に転移を疑うリンパ節腫大なし
撮像範囲の両肺底部に転移を認めない
診断:
リピオドール集積なし
S5の病巣は前回より明瞭化 
新規HCCなし



TACEの結果が良好でなかったのは残念😞
これは、どういう理由によるものなのか・・

でも、新たなHCCはないようで、良かった😀
S4 とS5が、テセントリクとアバスチンで消えてくれれば
しばらくの間は安心できるかな~期待します


次に本日の検査
《 脳 単純CT検査 》
目的:
HCC治療中、転移巣ないかの確認
所見:
明らかな転移巣は確認できない
脳実質、脳室系に異状所見なし
動脈壁の石灰化あり
左乳突蜂巣は低形成である
診断:
脳転移を認めない


「左乳突蜂巣は低形成」って気になるけど、、、
脳も年相応なりに異状なし、ってところかな👌

普段は行わない内容の血液検査の結果も出た
いろいろ聞きなれない項目、特に問題のある個所無し


さて、以上の結果を踏まえて
「テセントリクとアバスチンの併用療法」を受けることが決まりました

すぐにでも、始めてもらいたいところ
ツレは9月いっぱいで退職が決まったことで
その残務整理もあって仕事を休めず

10月になってからの入院となりました

予定10月4日入院
入院時には新型コロナウイルス抗原検査を受けます
陰性の場合は、そのまま入院
陽性だったときは、担当医からの指示に従う

今年も、もう3回目の入院だけど
コロナウイルス抗原検査は、今までの入院ではなかったこと
治療の内容によるのかな~
それとも、厳しくなったのか


これで脳も検査したし
心臓も心電図&エコー検査終わったし
腹部も検査してるし、胃カメラも
血液検査では詳細に調べたし
コロナ抗原検査もするし
・・ツレの身体管理万全じゃないですかぁ
あとは、その都度の指示に従って
あきらめずにHCC治療を続けるべし、ですね 

トーチャン がんばってね~!
CIMG8300.jpg


《 コロナに関する注意事項 》
・入院時には、必ずマスク着用
・入院の2週間前から不要不急の外出をしないこと
・3密の環境を避けること(手洗い、マスク、多人数での食事、会話をしない)
・入院までの2週間、毎日「健康観察チェック表に記入し持参する
・入院当日に、本人、家族に症状がある場合は事前に連絡すること
 発熱、だるい、呼吸器症状、味覚、嗅覚異状
・場合によっては、入院を延期することもあり得る


9月いっぱい仕事のあるツレ
しかも、10月1日にはゴルフ予定
娘婿と、娘義父とのゴルフ
ずーっと楽しみにしてたので譲れないよね~

入院前の楽しみだもんね
コロナ対策徹底して、よろしく、です
(10/1追記、雨降りとなり中止)

コロナもだけど、
今回の治療、初めてなので副作用も心配です



にほんブログ村 病気ブログへ  web拍手 by FC2

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

マイクロ波マンモグラフィー(高市早苗氏の会見より)

2021.09.12 22:32|乳がん情報

皆さん、政治に興味ありますか?

興味のある方もない方も
総裁選が始まることはご存じですよね

で、私も、立候補の皆様の「自民党総裁選出馬会見」を見ました

こちらは、高市早苗さんの会見



その中で、26分~
ホルモンバランスの影響を受けやすい女性の医療に関することで

『女性の健康をサポートする女性総合診療科の普及、
そしてそれに即した医療人材の育成を進めてまいります
また、痛みがなく、被爆することがない、マイクロ波マンモグラフィー
すでに開発をされております、これが一刻も早く普及しますと
私たち女性もアウーッという痛い乳がん検診に耐えるのが辛くて
検診を先送りしてしまうということが減っていくんだろうと思いますので、
一刻も早い普及に向けて応援をしたいと思っております』



マイクロ波マンモグラフィー


痛みのない乳がん検診については
マンモより「痛くない」 血液で乳がん発見、臨床試験へ
2020/12/19(土)
というのもありましたが

あっ、このことかな
生検の代わりに電磁波で乳がん確定検査
2020.10.26

生検ではなくマンモの段階で電磁波使用するってことですね 



マイクロ波マンモグラフィー、調べてみました


痛みなく被曝せず早期発見に貢献する世界初のマイクロ波マンモグラフィのプロトタイプ機が完成。
これまでの研究成果および協力企業と資本提携したことを発表。

株式会社Integral Geometry Science 2019年9月17日 02時00分
『神戸大学数理データサイエンスセンターの木村建次郎教授が創業した、株式会社Integral Geometry Scienceは、乳がん検診の精度向上に寄与する技術・マイクロ波マンモグラフィの実用化と普及を進める資金確保を目的に、協力企業と資本提携(総額約20億円)しました。本機器は、乳房の電磁物性に基づき、これまでに行った臨床研究において、高濃度乳房を含む全てのタイプの乳房で高い乳がん検出感度を有することが示され、将来的に乳がん検診の世界標準になることが期待されています。』

2013年 試作機を開発
2015年 日本医療研究開発機構(AMED)の事業に採択され、原型機を開発
日米欧中9か国で基本特許が成立し、
2017年 第一回日本医療研究開発大賞 AMED理事長賞を受賞、総理官邸にて表彰を受ける
2022年までの実用化を目指す

『日本国内第一優先で実用化を達成し、欧米、アジア諸国など世界各国で承認をとり、全世界に販売拠点を形成、世界中の男性、女性がマイクロ波マンモグラフィをいつでも受診できる体制を整備する計画です。』

高感度 乳がん検出0.5mm 
高速撮影 画像再構成時間1秒 被爆なし

着衣のまま測定可能であり
乳房を圧迫しないので無痛であること

このことから、受診率向上につながり
しかも、わずか0.5mmで早期発見できることから死亡率も低減する


これは、女性にとって朗報ですね✨


高市氏の会見、とても興味深く拝聴しました
皆様も、ぜひ、ご覧になってみてくださいね



参考までに↓お二方のもどうぞ
河野氏 出馬表明会見
https://youtu.be/fNBzcKYPf7Q
岸田文雄氏 総裁選出馬会見
https://youtu.be/8wuAlqw3jP8




にほんブログ村 病気ブログへ  web拍手 by FC2

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

タグ:乳がん

退院後初の通院、カテーテル治療の効果は

2021.08.26 17:58|2021年
8月26日
カテーテル治療7/26
ちょうど1ヶ月経ち退院後初の通院

※本日の血液検査の結果
気になる数値の変化

*アルブミン 4.0 → 4.0  → 4.0→ 4.1  4.1~5.1 ぎりぎりセーフ
*AST(GOT) 87 → 67 → 61 → 41   13~30 だいぶ下がってきた
*ALT(GPT) 101 → 65  → 62 → 42  10~42  ぎりぎりセーフ 
*アルカリフォスターゼ(ALP)  449 → 401 → 381 → 240   38~113
*γGTP 269 → 295 → 300→ 220 13~64
*コリンエステラーゼ 231 → 217 → 222 → 220 240~486


そして、
AFP  PIVKA-II ともに上昇傾向
 

※本日のCT検査の結果
カテーテル治療による薬剤ががん細胞に留まらず
肝動脈化学塞栓療法(TACE)の効果がなかったことが判明

AFP、PIVKA-II ともに上昇するわけだ

ツレには従来のゼラチンの粒で塞栓したが
2014年から血管塞栓用ビーズという新しい塞栓物質が使用可能となっている
ビーズは、従来の薬剤で効果の少なかった患者さんに効果が期待されてるってことなので
もしビーズにしてくれてたら、あるいは薬剤の流出はなかったかも
(入院の時にゼラチンかビーズかについては質問済み)

まあ、そう言っても、仕方なし

で、主治医からの新提案により
「テセントリクとアバスチンの併用療法」
を進めることになった

ということで
「テセントリクとアバスチンの併用療法」について
前述の記事にて紹介しました

医療技術は日進月歩ですね
「テセントリクとアバスチンの併用療法」がうまくゆけば
まだ見えてない小さなガン細胞もなくなるかも?
そしたら、再発が抑えられることになりますね


治療を開始するに当たっての検査
頭部CT(9/9予定) 
心臓エコー(不整脈検査の際、実施済み) 
新たな血液検査(本日、追加項目のため再採血)



にほんブログ 病気ブログへ web拍手 by FC2

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

テセントリクとアバスチンの併用療法

2021.08.26 17:40|テセントリク、アバスチン

ツレが新しい治療に挑戦することになり
その療法についてまとめておきます 

テセントリクとアバスチンはHCCに対して承認を得た初めてのがん免疫療法
『 アテゾリズマブ(製品名:テセントリク)とベバシズマブ(製品名:アバスチン)の併用療法が、
切除不能な肝細胞がんに対する効能効果で、厚生労働省に承認されました。』


2020年の秋に『テセントリク、アバスチン併用療法』が承認され
肝臓がんに対する抗がん剤治療が新しい時代に入ったと言われています

テセントリクとアバスチン、切除不能な肝細胞がんに対する併用療法で承認取得
ー中外製薬ー2020.09.30

ロシュ社、テセントリクとアバスチンの併用療法について
肝細胞がんにおける全生存期間の延長を示す最新データを発表

2021年01月18日

承認申請の対象は、
全身薬物療法を受けていない切除不能なHCC患者

・治療対象者
全身化学療法歴がなく、かつ
Child-Pugh 分類 A の切除不能な肝細胞癌患者
全身状態と肝予備能力がともに良好であること

(注)Child-Pugh 分類 Aとは
肝障害度評価、各項目のポイントを加算し
合計点によってA(5〜6点)、B(7〜9点)、C(10〜15点)に分類
kannzoua.jpg


・治療方法
2種類の抗がん剤を順番に点滴する治療となる

『テセントリク』
免疫細胞の働きを強くして、がん細胞への攻撃を助ける薬

『アバスチン』
ガンは新しい血管を作って栄養を取り込み成長するが
その血管を作らせない薬

テセントリクとアバスチンを点滴で体内に入れる
点滴は3週間ごとに繰り返す
1回目のみ入院にて行い(副作用の確認などのため)
2回目以降は通院にて行う


・かかる時間
1回目
テセントリク 点滴60分間  アバスチン 点滴90分間
2回目
テセントリク 点滴30分間  アバスチン 点滴60分間
3回目以降
テセントリク 点滴30分間  アバスチン 点滴30分間

副作用がみられないことを確認するために
始めのうちは時間をかけての点滴となります


・副作用
『テセントリクは免疫細胞を元気にして、がん細胞を攻撃する治療法であるため、
免疫細胞の働きが強くなりすぎることによる副作用が起こる可能性があります。
また、アバスチンは新しい血管をつくる働きを阻害するため、
血のめぐりなどに関連して気をつけなければならない副作用があります。』

とのことで
細かく言えば症状として多岐に渡りますが
下痢や食欲不振などの副作用発現率は低いようです

今までの治療薬に比べて効果が高い事はもちろん
副作用の発現も低く抑えられることから
切除不能な肝細胞癌に対する第一選択薬となりました

なお、この治療を提供する施設、医師、については
厚生労働省のガイドラインを満たしていることが必要です


最適使用推進ガイドライン厚生労働省


※テセントリクとアバスチン併用療法の作用
投与方法、副作用、治療中の生活で注意すること
中外製薬




にほんブログ 病気ブログへ web拍手 by FC2

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

タグ:テセントリク アバスチン