fc2ブログ
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
お越しの皆さまへ

ツレツマ

Author:ツレツマ
皆さまお越しいただきありがとうございます。夫(ツレ)が肝臓がんになりました。肝臓がんと肝硬変治療に関してとB型肝炎訴訟のことなどを記しています。(2012/1/27)

ツレツマこと、私も、乳がんになってしまいました。乳がん治療の記録も合わせて綴ってゆきます。(2016/2/4)

2022年2月よりツレツマ体操教室を開きました。勉強したことや時には愚痴っぽいこともこちらに記してゆきます。よろしくお願いします(2022/5/1)

個人的に勉強したことも書き留めてゆきますが、専門家ではなく素人ですので情報には誤りがあるかもしれません。その点よろしくお願いします。写真は愛犬のアリスです。

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

勉強させていただいているサイト

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

おすすめ商品

ツレ10回目の入院(その2)

2021.02.09 18:44|2021年
2月8日 入院
手続きが終わって、渡された書類を持って病棟へ向かう
いつも通りナースセンター窓口に提出して指示を待つ次第

ところが
エレベータ降りたら、すぐにナースがお出迎え

『○○さんですね~』

あら、今回は、ずいぶん厚遇対応ですこと

『ご家族はこの赤線までです~、病棟へは入れません』
『ご家族が会えるのは入退院の時だけとなります』

家族への治療についての説明は?

『こちらに腰かけてお待ちください』
と、まるい簡易イスを持ってきてくれる
ツレはさっさと病室に案内されて行ってしまう

こんなところで待たされるのは疲れるなぁ
いつも説明まで長く待たされること多いからなぁ
さて、どのくらい待つんだろ・・
などと思っていたら

『△△せんせーい、○○さんへのご説明、大丈夫ですか~』
という声が聞こえてきて
ツレも荷物おいて引き返してきて

『じゃあ、今から、すぐに始めます』

あらま、今回は、珍しくずいぶんとお早い対応ですこと


で、奥の方の部屋に案内されると
ノートパソコンを眺めている今回の担当医、始めましてデス

私の乳がんの場合は、
診察も、手術も、術後のケアもすべて
ひとりの主治医に委ねていた、けど

ツレの場合は、
診断をくだす主治医がいて
その先生の指示に従って治療方針を決める
そして実際に治療をしてくれるのはまた別の医師
治療の担当医は入院するたびにほぼ毎回変わるのだ

さて、主治医とのやりとりも整理してみましょうか
入院の日の記事、続く



にほんブログ 病気ブログへ
関連記事
web拍手 by FC2

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

タグ:入院

コメント

非公開コメント